Blank Cover Image

5 内分泌攪乱化学物質と神経(内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)の人体影響について : 関連が疑われる疾患を中心に,第588回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
田中, 正美
出版情報:
新潟医学会, 2004-08
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
田中, 正美  
巻:
118
通号:
8
開始ページ:
396
終了ページ:
399
バージョン:
publisher
概要:
内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)の神経系に及ぼす影響の可能性について概説した.カネミ油症事件などの事故,労働災害,環境レベルでの濃度による精神身体発達への影響を中心に記載した.しかし,環境レベルの内分泌攪乱物質濃度は以前より減少していると言われ,以前の濃度でも本当に人に影響を与えるのか否かについては,確立してはいない.
本文リンク

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

西川, 洋三(1943-)

日本評論社

山本, 正治, 中平, 浩人, 高桑, 好一, 若月, 俊二, 平山, 哲, 田中, 正美, 小田, 信彦

新潟医学会

環境庁環境保健部環境安全課

公害対策技術同友会

山本, 正治, 中平, 浩人, 高桑, 好一, 若月, 俊二, 平山, 哲, 田中, 正美, 小田, 信彦

新潟医学会

日本化学会

学会出版センター

日本化学工業協会エンドクリンワーキンググループ

中央公論事業出版