Blank Cover Image

腸重積にて発症した小腸悪性黒色腫の1例

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
高久, 秀哉 ; 福田, 喜一 ; 角南, 栄二 ; 石塚, 基成 ; 松澤, 岳晃 ; 黒崎, 功 ; 畠山, 勝義 ; 味岡, 洋一
出版情報:
新潟医学会, 2008-06
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
高久, 秀哉
福田, 喜一
角南, 栄二
石塚, 基成
松澤, 岳晃
黒崎, 功
畠山, 勝義
味岡, 洋一
続きを見る
巻:
122
通号:
6
開始ページ:
347
終了ページ:
353
バージョン:
publisher
概要:
症例は75歳男性.2003年12月初旬,水様性下痢を主訴とし当院受診.腸炎の診断にて入院,保存的治療を開始した.その後,腸閉塞となり,腹部CTにて小腸の腸重積と診断し,12月中旬手術を施行した.褐色調の腫瘍を先進部とした2か所の重積腸管を認め小腸部分切除を行った.他に計9個の腫瘍が小腸に散在性に存在したため,更に2か所の小腸部分切除を施行した.他の腹腔内臓器の異常は認められなかった.病理組織学的検査で,悪性黒色腫(amelanotic type)と診断された.術後11病日のC T検査にて,多発性に肝転移,脾転移,脳転移,肺転移を認めた.原発部位の同定は困難であった.全身状態悪化のため,化学療法は施行し得ず,術後28病日に死亡された.腸重積にて発症し,術後急速な経過をとった小腸悪性黒色腫の1例を経験したので報告する.稀ではあるが,腸重積の原因として,小腸悪性黒色腫を鑑別にあげる必要がある. 続きを見る
本文リンク

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 論文(リポジトリ) 胃癌からの転移性大腸癌の1例

高久, 秀哉, 福田, 喜一, 角南, 栄二, 石塚, 基成, 松澤, 岳晃, 黒崎, 功, 畠山, 勝義, 味岡, 洋一

新潟医学会

佐々木, 正貴, 角南, 栄二, 武者, 信行, 斎藤, 英俊, 山洞, 典正

新潟医学会

伊藤, 寛晃, 畠山, 勝義, 廣田, 正樹, 田中, 修二, 木原, 一

新潟医学会

児玉, 省二, 吉谷, 徳夫, 遠間, 浩, 中村, 稔, 田中, 憲一

新潟医学会

永橋, 昌幸, 畠山, 勝義, 新国, 恵也, 牧野, 成人, 西村, 淳, 河内, 保之, 清水, 武昭

新潟医学会

島影, 尚弘

新潟医学会

野上, 仁, 山崎, 俊幸, 前田, 知世, 亀山, 仁史, 澤祇, 安勝, 横山, 直行, 桑原, 史郎, 大谷, 哲也, 片柳, 憲雄

新潟医学会

勝海, 薫, 島田, 稚, 島垣, 和花, 和泉, 純子, 佐々木, 嘉広, 伊藤, 雅章

新潟医学会