Blank Cover Image

AU法を用いたモデルパイプラインに発生する気液二相流の流動形態評価に関する研究

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
鈴木, 哲也
出版情報:
新潟大学農学部, 2012-03
掲載情報:
新潟大学農学部研究報告 = 新潟大学農学部研究報告
ISSN:
03858634  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
鈴木, 哲也  
巻:
64
通号:
2
開始ページ:
159
終了ページ:
163
バージョン:
publisher
概要:
農業用パイプラインにおける空気連行現象は、混入後の脈動や圧力上昇、通水能力の低下、振動・騒音など水理性能や構造性能の甚大な影響を及ぼす。本研究では、農業用パイプラインに発生する気液二相流を対象にAU(Acousto-Ultrasonic)法による流動様式の特性評価を試みた結果を報告する。実験的検討は、モデルパイプライン内に通水量と給気量を調整した24種の通水条件を設定して行った。超音波の入力条件は、周波数:2MHz、電圧:300V である。受信側センサは、共振型AE センサを 用いた。検討の結果,モデルパイプラインにおいて再現した満流、層状流、プラグ流および気泡流では、検出波特性が流動様式により変質し、その定量化にはAE パラメータ(平均周波数、AE エネルギおよび発生頻度)の有効性が高いことが明らかになった。<br />Deterioration of a pipeline system is normally realized by an accident of water-leakage due to damage accumulationof pipe materials. For effective maintenance and management of pipeline system, it is necessary to evaluate not only thedegree of damage but also the water-flow conditions (i.e. gas-liquid flow). In this study, acousto-ultrasonic (AU) method wasapplied to be detecting a gas-liquid flow in model pipeline system. The results show that a gas-liquid flow conditions couldbe quantitatively evaluated by using AE parameters, such as generation behavior, average frequency and AE energy. Itbecomes clear that the situation of gas-liquid flow in the pipeline system can be clearly identified through AE monitoring.Thus, it is demonstrated that AU monitoring is effective for qualifying the gas-liquid flow conditions in pipeline system. 続きを見る
本文リンク

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鈴木, 哲也, 中, 達雄, 樽屋, 啓之

新潟大学農学部

日本機械学会

コロナ社

2 図書 気液二相流

赤川, 浩爾(1925-)

コロナ社

日本機械学会

コロナ社

Gantier, Gilbert, 武井, 篤, 沼尻, 重男

白水社

日本規格協会

日本規格協会

湊, 明彦

アドバンスソフト