Blank Cover Image

吉田松陰における「忠誠」

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
唐, 利国
出版情報:
新潟大学大学院現代社会文化研究科, 2004-07
掲載情報:
現代社会文化研究 = 現代社会文化研究
ISSN:
13458485  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
唐, 利国  
巻:
30
開始ページ:
167
終了ページ:
177
バージョン:
publisher
概要:
吉田松阴是处于日本近代化过程起点的重要人物。解明其所发挥的历史作用,成为吸引了众多研究者目光的课题。众多研究角度之一是考察其思想的内在变化,以求说明在传统社会中培养出来的吉田松阴何以能够成为日本社会近代转型的最早驱动力之一。战前日本的松阴研究,主要是强调其尊皇主义及其个人品质的卓越性。战后则主要是通过探讨其思想内在的近代性,来解释其历史作用的成因。其考虑问题的假定前提是,有助于日本近代化转型的思想,就一定具有某种近代性。而更为客观的研究方法是,在讨论其历史作用的成因之前,首先 确定其思想发展所达到的历史阶段。本文主旨在于通过考察其忠诚观念,来探讨其思想的实际状况。 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 論文(リポジトリ) 近代日本における吉田松陰像

唐, 利国

新潟大学大学院現代社会文化研究科

7 図書 吉田松陰

吉田, 松陰(1830-1859), 松本, 三之介(1926-)

中央公論社

唐, 利国

新潟大学大学院現代社会文化研究科

8 図書 吉田松陰

吉田, 松陰(1830-1859), 松本, 三之介(1926-)

中央公論社

唐, 利国

新潟大学大学院現代社会文化研究科環日本海研究室

松田, 松男

古今書院

唐, 利国

新潟大学大学院現代社会文化研究科

10 図書 吉田松隂

吉田, 松陰(1830-1859), 吉田, 常吉(1910-), 藤田, 省三(1928-2003), 西田, 太一郎(1910-1982)

岩波書店

5 学位論文(リポジトリ) 兵学者としての吉田松陰

唐, 利国

11 図書 松陰先生遺著

吉田, 松陰(1830-1859), 吉田, 庫三

民友社

唐, 利国

新潟大学現代社会文化研究科環日本海研究室