Blank Cover Image
 ↑ タイトル、所在を表示

西洋中世のキリスト教と社会 : 橋口倫介教授還暦記念論文集

フォーマット:
図書
責任表示:
橋口倫介編
出版情報:
東京 : 刀水書房, 1983.11
形態:
vii, 347, vi, 4p ; 22cm
著者名:
橋口, 倫介(1921-) <DA00390732>  
書誌ID:
BN0039954X
注記:
内容: 総論-もう一つの中世史(橋口倫介), 聖アウグスティヌスとローマ帝国-『神国論』の歴史観と国家観(出崎澄男), 聖画像破壊問題における東西教会の関係(松本茂男), 初期中世スペインにおける奴隷制-研究動向をめぐって(関哲行), レオン・カスティリア王国における<グレゴリウス改革>の史的位置づけ(北田よ志子), ロレーヌ系修道院改革運動-グレゴリウス改革との関係について(藤岡良江), <十二世紀ルネッサンス>とシャルトル学派の自然学(熊倉庸介), 十二世紀ルネサンスとソールズベリのジョン(柴原大造), ソールズベリのジョンの書簡集にみるベケット論争の一側面(渡辺愛子)
西欧中世における救済施設-施療院の系譜(東丸恭子), <最盛期>教皇権の理念と現実-インノケンティウス三世の対英政策に見る(梅津尚志), シャルル・ダンジューの地中海帝国(長谷川星舟), 聖ルイの十字軍-その心性史的考察(橋口倫介), フランス中世末期大学史研究と<聖職禄希望者名簿>(大嶋誠), 西南ドイツをめぐる中世末期の政治思想状況(広島準訓), 中世ヨーロッパの宗教運動における<狂信>と<不寛容>について-一三四九年の鞭打苦行運動に見られるもの(藤川徹), エラスムスと三言語学寮の設立(国府田武), 十六世紀スペイン異端審問の展開-モリスコ問題とカスティリア異端審問(宮前安子), 近代スペインの成立-その内圧と外圧(小林一宏), 宗教改革史の展望(磯見辰典)
橋口倫介先生略歴・業績抄録: 巻末pii-vi
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Matthew, Donald, 1930-, 橋口, 倫介(1921-), 梅津, 尚志(1938-)

朝倉書店

山中, 謙二(1893-)

学生社

2 図書 騎士の城

橋口, 倫介(1921-)

人物往来社

Chadwick, Henry, 1920-, Evans, G. R. (Gillian Rosemary), 1944-, 渡辺, 愛子(1939-), 橋口, 倫介(1921-)

朝倉書店

Dawson, Christopher, 1889-1970, 野口, 啓祐(1913-1975)

新泉社

橋口, 倫介(1921-)

岩波書店

Dawson, Christopher, 1889-1970, 野口, 啓祐(1913-1975)

新泉社

10 図書 騎士団

橋口, 倫介(1921-)

近藤出版社

今野, 國雄(1923-)

岩波書店

11 図書 十字軍の研究

Morrisson, Cecile, 橋口, 倫介(1921-)

白水社

橋口, 倫介(1921-)

三省堂