>> openBD
 ↑ タイトル、所在を表示

刑事弁護の原理と実践 : 美奈川成章先生・上田國廣先生古稀祝賀記念論文集

フォーマット:
図書
責任表示:
川崎英明 [ほか] 編集代表
出版情報:
東京 : 現代人文社
[東京] : 大学図書 (発売), 2016.12
形態:
iv, 499p, 図版 [1] p ; 22cm
ISBN:
9784877986599 [4877986596]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
著者名:
書誌ID:
BB22659038
目次情報:
刑事弁護の形骸化とその克服への努力 : 歴史的経緯と現状 上田國廣著
刑事弁護の質的向上の到達点と課題 : 21世紀を迎えて 大出良知著
「平成刑事訴訟法」の下での刑事弁護 : 弁護人の役割は変質したのか 村岡啓一著
国選弁護制度と日本司法支援センター 川副正敏著
「強制処分」概念の再構成について 内田博文著
追尾監視型捜査の法的性質 : GPS利用捜査をめぐる考察を通して 指宿信著
刑訴法227条の証人尋問と証人審問権の保障 田淵浩二著
弁護人からみた第1回公判期日前の証人尋問の問題 船木誠一郎著
捜査手続における証拠開示 斎藤司著
訴因と予断排除 白取祐司著
韓国・日本の保釈保証制度の現状と課題 : 韓国・保釈保証保険と全弁協・保釈保証書発行事業の比較検討 美奈川成章著
弁護活動からみる刑事手続の課題 高平奇恵著
媒介事実の発見とその証明準則 : 情況証拠による刑事事実認定論(4) 豊崎七絵著
舞鶴女子高生殺害事件における間接事実の推認力について 古賀康紀著
再審請求審の審判対象と明白性 : 姫路郵便局強盗(再審請求)事件をめぐって 川崎英明著
当事者主義と被害者の参加手続 水谷規男著
取調べ可視化条項・刑訴法301条の2をめぐって 小坂井久著
韓国における取調べ録音・録画制度の導入と展開 : 映像録画物の証拠能力および実質証拠化をめぐる議論を中心に 李東熹著
接見室における写真撮影・録画 : 弁護活動の自由の保障はどこまで及ぶか 前田裕司著
接見にさいしての弁護人の写真撮影をめぐる田邊事件一審判決の批判的検討 葛野尋之著
裁判員裁判における共犯者の予定主張と争点整理 徳永響著
るいそうの被告人の窃盗事件についての控訴審刑事弁護 藤村元気著
2つの否認事件 出口聡一郎著
刑事弁護の形骸化とその克服への努力 : 歴史的経緯と現状 上田國廣著
刑事弁護の質的向上の到達点と課題 : 21世紀を迎えて 大出良知著
「平成刑事訴訟法」の下での刑事弁護 : 弁護人の役割は変質したのか 村岡啓一著
国選弁護制度と日本司法支援センター 川副正敏著
「強制処分」概念の再構成について 内田博文著
追尾監視型捜査の法的性質 : GPS利用捜査をめぐる考察を通して 指宿信著
続きを見る
注記:
その他の編集代表者: 古賀康紀, 小坂井久, 田淵浩二, 船木誠一郎
美奈川成章先生略歴: p496-497, 上田國廣先生略歴: p498-499
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

斎藤, 斐章(1867-1944), 斉藤先生古希祝賀会, 中山, 久四郎(1874-1961)

刀江書院

中野, 貞一郎(1925-)

有斐閣

中村宗雄先生古稀祝賀記念論文集刊行会

敬文堂

波多野弘先生還暦祝賀記念論文集刊行委員会

波多野弘先生還暦祝賀記念論文集刊行委員会

谷口, 知平(1906-1989)

有斐閣

斎藤靜敬先生古稀祝賀記念論文集刊行委員会

八千代出版

碓井, 光明(1946-), 小早川, 光郎(1946-), 水野, 忠恒(1951-), 中里, 実

有斐閣

酒井, 忠夫(1912-2010), 酒井忠夫先生古稀祝賀記念の会

国書刊行会

光藤景皎先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂

前野, 育三(1937-), 斉藤, 豊治(1942-), 浅田, 和茂(1946-), 前田, 忠弘

成文堂

三原憲三先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂