>> openBD
 ↑ タイトル、所在を表示

戦後知の可能性 : 歴史・宗教・民衆

フォーマット:
図書
責任表示:
安丸良夫, 喜安朗編
出版情報:
東京 : 山川出版社, 2010.12
形態:
xii, 441p ; 22cm
ISBN:
9784634672239 [4634672235]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
著者名:
書誌ID:
BB04353863
目次情報:
戦後知の変貌 安丸良夫 [著]
石母田正と敗北の思考 : 一九五○年代における転回をめぐって 磯前順一 [著]
丸山眞男の宗教理解 : 日本仏教史と思想史の方法論 島薗進 [著]
武内好のイスラム観: 戦前と戦後のあいだで 臼杵陽 [著]
吉本隆明の思想と宗教 : 一九四○年代から六○年代まで 島薗進 [著]
村上重良の近代宗教史研究 : 政教分離をめぐる生き方 林淳 [著]
黒田俊雄の中世宗教史研究 : 顕密体制論と親鸞 安丸良夫 [著]
網野善彦における絶対自由の精神 : 境界領域を踏破する歴史学 喜安朗 [著]
色川大吉と戦後歴史学 : 「民衆史」の構想力 安丸良夫 [著]
宮田登と民俗学の変貌 : 挑戦する「もう一つの史学」 林淳 [著]
柄谷行人から酒井直樹へ : ポストモダン思想における外部と普遍 磯前順一 [著]
変貌する知識人 : 知と身体 磯前順一 [著]
戦後知の変貌 安丸良夫 [著]
石母田正と敗北の思考 : 一九五○年代における転回をめぐって 磯前順一 [著]
丸山眞男の宗教理解 : 日本仏教史と思想史の方法論 島薗進 [著]
武内好のイスラム観: 戦前と戦後のあいだで 臼杵陽 [著]
吉本隆明の思想と宗教 : 一九四○年代から六○年代まで 島薗進 [著]
村上重良の近代宗教史研究 : 政教分離をめぐる生き方 林淳 [著]
続きを見る
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

喜安, 朗(1931-)

平凡社

安丸, 良夫(1934-)

朝日新聞社

喜安, 朗(1931-)

山川出版社

庄司, 吉之助(1905-1985), 林, 基(1914-), 安丸, 良夫(1934-)

岩波書店

村上, 重良(1928-1991), 安丸, 良夫(1934-)

岩波書店

喜安, 朗(1931-)

岩波書店

安丸, 良夫(1934-)

青木書店

5 図書 民衆運動

加藤, 周一(1919-2008), 安丸, 良夫(1934-), 深谷, 克己(1939-)

岩波書店

喜安, 朗(1931-)

岩波書店

安丸, 良夫(1934-), 磯前, 順一(1961-)

ぺりかん社

喜安, 朗(1931-)

平凡社